App Storeでは手に入らないアプリあれこれ

080811k.jpg

 
先日のiPhoneユーザーミーティングの席で、Jailbreakにお詳しいデジタルピープルのwestさんが、ソフトウェア2.0.1の脱獄に対応したPwnage Tool 2.0.2について、
「今日(8/9)の昼頃出てましたよ!」と教えていただいたので早速1st iPhoneで試してみました。

080811a.jpg
(新しいファームをダウンロードしておき、Pwnageで新ファームを選択)

脱獄手順等については前バージョンと同様です。>以前のエントリー

今回のPwnage Tool では、Cydia Installerに加えInstallerが復活。

080811b.jpg
(Installerが復活)

080811d.jpg

現状ではまだbetaバージョンのためアプリはまだほとんどありませんが、Cydia経由では、App Storeで手に入らないアプリが既に多数公開されています。

まずは、定番ツールの「MobileTerminal」「OpenSSH」を導入。
NES(ファミコンエミュレータ)でROMファイルを転送する際などには必須。

080811f.jpg
(Cydia経由でInstall可能なアプリの一部)

 

続いて、壁紙やアイコンをカスタマイズできるSummerBoardの後継アプリ
「WinterBoard」
既にいくつかのテーマが公開されており、デフォルトのテーマ「Saurik」では、2種類の壁紙が10数秒毎にがオートで切り替わります。(少々メモリを食いそうですが)

080811g.jpg
(デフォルトのテーマ「Saurik」)

私が気に入ったのはMacProのフロント外装をイメージさせる”パンチングメタル”風のテーマ「Punch」

080811h.jpg
(初代iPhoneの外観にとてもマッチします)

 

次に、とよしんのブログで、とよしんさんが紹介されていた「ToggleSSH」

080811i.jpg

これはSSHのON/OFFを任意で切り替えられる便利ツール。
私はCyberDuckでMacからファイル転送する際に「Enable」に…。
 

さらに、Jailbreakすることによって、いわゆる勝手アプリとAppStrore経由のアプリが混在可能になる訳ですが、結果(私のように)アプリが山盛りになってしまった時に便利なランチャーアプリ「gLauncher」

080811j.jpg

WEBクリップやアプリを沢山入れている場合、画面をフリックするより目的のアプリに比較的素早く辿り着けます。
 

最後に、ジョークアプリですが、AppStoreで話題になり既に削除されている1000ドルのアプリ「I Am Rich」のクローン版「Am I Rich」
Steve Jobsの写真をタップするとアノ名台詞が聴ける「Steve Jobs Voicer」

080811k.jpg
(Am I RichとSteveJobsVoicer)

この2つは、ミーティングの席ではちょっとウケました(^^;)
 

こんな風に、アプリをたくさん放り込んでいると(ミーティングでは例によって)
mbp&co.のstratosさんから「どんだけアプリ入れてるんですかっ!」とツッコまれたり、新しく公開された勝手アプリをあれこれ試したりしてるとこれまた原因不明のフリーズに見舞われ復元を余儀なくされることが多々あったりする訳ですが、ユーザーグループまで立ち上げた身分としては、これからも懲りずに検証を繰り返してゆく所存です。
(というか単純に欲張りなだけかもですが・・・)

 Pwnage Tool 2.0.2(Jailbreakは個人の責任で!)
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top