iPadと一体感のあるデザイン「Logicool ウルトラスリムキーボードカバー」【レビュー】

Logicool TK710

 

先月(6月29日)発売された、第3世代iPad・iPad 2に対応したBluetooth接続のワイヤレスキーボード「Logicool ウルトラスリムキーボードカバー(TK710)」を発売早々に購入し使ってみました。

Logicool TK710

同製品はアップル純正の「Smart Cover」のように、マグネットクリップでiPadに装着〜カバーの開閉で起動/スリープも可能なキーボードカバーです。
私はこれまで(この手のカバーやケースを兼ねた)iPad向け外付けキーボードにはあまり魅力を感じませんでしたが、アルミニウムを採用したiPad背面の様な外装カバーのスリムなデザインに惹かれました。

以下、フォトレビューにてご紹介します。 

Logicool TK710
iPadをイメージさせるアルミニウムの背面カバー

Logicool TK710
キーボード面は光沢のあるブラック

Logicool TK710
クリーニングクロス、USB – Micro USB充電ケーブルが付属


 

iPadと一体感のあるデザイン・・・

前モデルの「Logicool キーボードケース For iPad 2(TK700)」が、(弁当箱のフタようなイメージで)厚さが13.45mmだったのに対し、「TK710」は厚さが約10mmとスリムになり本体重量もより軽くなっています。


Logicool キーボードケース For iPad 2

Logicool TK710
「Smart Cover」のようなマグネットクリップで本体をカバー

Logicool TK710
カバーを閉じた時のiPadとの一体感が秀逸

Logicool TK710
MacBook Air(11inch)と比較


 

光沢のあるブラックのキーボード側が私のiPad(ホワイト)とマッチするか心配でしたが、個人的には白と黒のモノトーンのコントラストが美しいと思います。

Logicool TK710

 

キータッチも良好・・・

外装デザイン以外で気に入った点が打鍵感。
この点はユーザーの好みに左右されると思いますが、前モデルと比較すると(キーストローク自体は浅くなっているのですが)確実なタイピング感がありキータッチは格段に良くなっていると感じました。

Logicool TK710

Logicool TK710
また、本体を立てるスリットの部分にもマグネットが仕込まれており
iPad本体が外れにくくなっています


 

(余談ですが…)
人気のMacBook Pro Retinaディスプレイは、高スペックのCTOモデルが未だ品薄で入手できない状況が続いてますので、当面はiPad(第3世代)との組み合わせで…“オレのなんちゃってRetinaノートブック”として使ってゆきたいと思います。
 

Logicool TK710

 

・製品情報|Logicool Ultrathin Keyboard Cover
 

・・・・・・・・・・・・・・

私は発売当日にAppBank Store 心斎橋(店舗)で購入しましたが、現在AmazonやLogicoolオンラインストアでは入荷に時間がかかるようです。
(7/8現在)オンラインのAppBank Storeでは在庫ありとなっています。
 


AppBank(マミルトン女氏)による動画レビュー
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 
 

 


 
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top