iPad 2 Wi-Fi + 3G(USモデル)で各キャリアのSIMを検証

 

iPad 2 Wi-Fi + 3G(USモデル)は初代のUSモデルと同様、SIMロックフリーとされています。
昨年、初代iPad(USモデル)購入時には国内各社のSIMを試しましたが、先日入手した「ドコモminiUIMカード」をはじめ、各社のSIMをiPad 2で使用可能かどうかを検証してみました。

cover.jpg

 

検証にあたり、先ずはiPad 2の[設定]を開き、一般>情報>認証の画面を見ると、総務省による技適マークが表示され、既に日本国内でも合法的に使用できることを確認。

ipad_sim11.jpg

(*参考リンク – 総務省 電波利用ホームページ)
・技適マーク、無線機の購入・使用に関すること 
 

続いて、SIMフリーのiPad 2で使用可能と思われる各種SIMカードをピックアップしてみました。

1.iPad(3G/国内版)microSIMカード(SoftBank)

2.ドコモminiUIMカード(NTTドコモ)

3.b-microSIM(日本通信)

4.その他(従来サイズのSIMカードなど)
 

ipad_sim21.jpg
ipad_sim22.jpg
各社のmicroSIMカード
左より、at&t(USモデルに付属)/SoftBank(国内版iPad用)
ドコモ(miniUIMカード)/日本通信(b-microSIM)

 

1.iPad(3G/国内版)microSIMカード(SoftBank)

最初に国内発売の初代iPad用microSIMカード(SoftBank)を試してみました。

ipad_sim13.jpg

SIMカード挿入〜SoftBankのネットワークを認識。
[モバイルデータ通信]を見ると、SoftBankのAPN設定が自動的に表示され、問題なくデータ通信が可能でした。
 

2.ドコモminiUIMカード(NTTドコモ)

次に、先日(4/1〜)提供が始まったドコモminiUIMカードを挿入。

ドコモminiUIMカード

 

(*ドコモminiUIMカードの関連記事)
・iPhone 4(SIMフリー)で「ドコモminiUIMカード」を検証

 

ipad_sim12.jpg

こちらの場合もすぐにドコモのネットワークを認識。
APN設定情報(mopera)を入力後、データ通信可能になりました。
 

3.b-microSIM(日本通信)

続いては、iPadとiPhone 4向けデータ通信専用のmicroSIMカード・b-microSIM U300(日本通信)。

ipad_sim19.jpg
ipad_sim20.jpg

 

なお、b-microSIMシリーズはSIMフリーのiPad 2でも動作可能であることが4/14に同社WEBサイトで発表されました。

(*参考リンク – b-mobile)
・動作確認端末にiPad 2 Wi-Fi + 3Gを追加しました (2011年4月14日)
 

ipad_sim18.jpg

(同社WEBサイトの説明によると)b-microSIMでは、iOSの仕様上、通信可能エリア内でも電波強度を表すアンテナは表示されません。
電話による開通手続きを経て、所定のAPN設定情報を入力することでデータ通信可能になりました。
 

4.その他(従来サイズのSIMカードなど)

さらに、ドコモ(FOMAカード)とSoftBank(iPhone 3GS用)の従来サイズのSIMカードを、昨年私が試した方法(裏技)を使って検証してみました。

ipad_sim04.jpg
SoftBank(iPhone 3GS用)/ドコモ(FOMAカード)

 

通常のSIMカードはそのままでは物理的にiPadには挿せませんが、以下のようにSIMカードの端を少しカットすることでSIMトレーを介さずにiPad 2および初代iPadに挿入できるようになります。

ipad_sim01.jpg

 

(*SIMカード加工についての関連記事)
・裏技発見!iPad 3G(US)で国内SIMを使う方法
・iPad 3G(US)+ b-mobile SIMで3G接続を検証

 

ipad_sim08.jpg
ipad_sim09.jpg
この様にSIMカードの端が本体から少しはみ出てしまいます。

 

・ドコモ(FOMAカード)の場合

私が試したのは、ドコモのデータ通信専用(定額データプラン)契約のFOMAカード。

ipad_sim14.jpg

 

従って、データ通信専用のAPN設定情報を入力することでデータ通信可能になりました。
 

・SoftBank(iPhone 3GS用)の場合

今度はiPhone 3GS用のSIMカード(黒)で試したところ…

ipad_sim15.jpg

SoftBankのネットワークを認識〜iPad用microSIMカード(SoftBank)のAPN設定が自動的に表示されたものの、上記のようなメッセージが表示され、このままではデータ通信は不可能でした。
おそらく(SIMフリー端末向けの)ソフトバンクの汎用APNを設定すると通信可能になると思われますが、定額料金に該当しない場合があると考えられますので注意が必要です。
 

(*関連記事)
・iPhone 4のmicroSIM+iPad 3G(US)で3G接続を検証

 

・at&t(USモデルに付属の)microSIMの場合

最後は番外篇です。
USモデルのiPad 2(3G)には米国at&tのmicroSIMカードが同梱されています。当然ながら日本国内では使用できず圏外表示になりますが、Wi-Fi経由でat&tのインターナショナル・プランを契約することによって日本国内キャリアの3G回線でローミング接続できるようになります。
但し、同プランは通信料が大変高額な上、まず同社国内プランの契約や米国での住所が必要になります。

ipad_sim17.jpg

 

(*関連記事)
・iPad with Wi-Fi + 3G(US)で国際ローミング
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最後に、今回の検証を通じて私が気付いたTIPSとして…
SIMカードを挿入すると大抵はすぐに各キャリアのネットワークを認識し電界強度のアンテナ表示も反応しますが、実際にはすぐに通信可能にはならず、Safariを起ち上げてもデータ通信を起動できない旨のエラー表示が出ることが多々ありました。
この場合は1〜2分程度待ってから再度接続を試みるか、本体を再起動することで通信可能になりました。
 

以上、今回は各種SIMカードが使用可能かを検証するに留まりましたが、今後は接続速度や料金なども比較・検証してみる予定です。
まだまだ料金面などでは不満もありますが、昨年の状況と比べると選択可能なSIMカードのバリエーションも広がり、SIMフリーのiPadユーザーにとっては随分好ましい状況になったと感じます。今後さらに各社のサービスが淘汰され、より安心かつリーズナブルに利用できることを願いたいと思います。

 

<*ご注意>
SIMカードを加工した場合、SIMカードそのものやiPad本体を傷つけてしまう可能性がありますので試される場合は個人の責任にてお願いいたします。また各事業者が容認していない設定によるデータ通信は高額な料金を請求される可能性がありますので充分にご注意ください。
当ブログおよび本エントリーが上記の様な使い方を推奨するものではありません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

ipad2wh.jpg
Vintage Computer – iPad 2購入代行
 
 

 

 

 
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top