WILLCOM 03発表〜スマートフォンの未来は?

(WILLCOM 03)

 
(WILLCOM 03)
ウィルコムから WILLCOM 03 が発表されました。
詳しいスペックなどは、他サイトでたくさん紹介されていると思いますので省きますが、(少々私の期待に反して)サイズも若干小さくなりボディーカラーもカラフルになって、もはや見た目は各社の最新ケータイのようです。

ウィルコムの喜久川社長は発表に際して「・・・スマートフォンは敷居が高いと感じていたユーザーも簡単に使ってもらえるようなものになっている」と語っていますが、これまでビジネスユーザー向けのスマートフォン市場を女性も含めた一般ユーザーにも広めようという意図が大いに見受けられます。

そもそも「スマートフォン」という言葉がいつ頃から使われだしたのか詳しくは解りませんが、国内では1997年に京セラがDDI Pocket(現ウィルコム)から発売した「DataScope(DS-110)」がその走りではなかったかと思います。
(DetaScope DS-320)
DS-110の後継機・DS-320

これはIBMが開発し「世界初のウェアラブルコンピュータ」と謳ったPCカード型のコンピュータ「ChipCard VW-200」がベースとなったPHS端末でした。
(ChipCard VW-200)
IBMのChipCard VW-200

当時からケータイが好きだった私は DetaScope(DS-320)を持っていましたが、ビジネス向けというより完全にマニアックな製品でした。

あれから10余年、
ここに来てスマートフォンの定義が新しいスキームに入った印象を受けます。
WILLCOM 03のメカニカルキーを無くしたフロントパネルは、少なからずiPhoneの影響を受けていると思いますし、やがてスマートフォンとケータイとの垣根が完全になくなる日がやってくることでしょう。
そして、その役割を担うのはきっと「iPhone」なのではないでしょうか?
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top