アルバムアートワークの憂鬱

080620b

 
初代iPhoneを使い始めた時、Cover Flowをはじめ従来のiPodより大きめの”ゴージャスなアルバムアート”に魅せられて、それまであまり気にしていなかったアルバムアートワークに凝るようになりました。
iTunes Storeで楽曲を購入すると美麗なアートワークが付いてきますが、昔のものになると実物と比べて少々コントラストが甘かったり、ノイジーだったりということも少なくありません。中にはタックシールのようなモノが貼ってあったり・・・。
(門あさみ/Sachet)
門あさみ/Sachet(1985)
中高年世代にとっては、20年以上前の懐かしい作品をiTunes Storeで販売してくれるだけでも有り難いことですが・・・。

そんな時、なるべく実物に近いアートワークを表示させたいがために(CDを所有しているものやレンタルしたものは)楽曲の読み込みついでにジャケットをスキャンしてiTunesに放り込むという多少面倒なことをしています。
しかし問題はそのことではありません。

その後、iPod touchを始め classcとnano(3rd)にもCover Flow機能が付いて、よりアートワークを楽しめるようになったことは良かったのですが・・・・

最近のCDは(初回限定盤DVD付やデジパック仕様など)通常のプラケースではなく特殊なサイズのものが数多く発売されています。微妙に縦長だったり、DVDのトールケースサイズだったり(売り手としては販売戦略の一環でもあるかと思いますので文句を言うつもりはありませんが、)これがちょっと厄介でそれぞれのiPodで表示された場合とても残念なことになります。

(特殊なサイズのCD)

まず、iTunesとiPhone(touch)のCover Flowでは、画像の縦横比に関わらず忠実に表示してくれます。
ところが、classicとnanoでは正方形にトリミングされてしまいます。
(Perfume ~Complete Best~)
iPhone(touch)/classic
(classic(nano)の場合、上下が切られてしまいます)

次に、iPhone(touch)の画面の背景は黒で、classicとnanoの背景は白・・・ここでさらに問題が発生。
iTunes Storeで購入したものは、アートワークの縦横比が異なる場合、余白部分が白くなっています。
(MEG/HEART)
iPhone(touch)/classic

この場合、classicとnanoでは背景にマッチしますがiPhone(touch)では左右の余白が目立って美しくありません。またAppleTVで大画面テレビ等に表示された時には画面が大きいだけにより一層残念なことに・・・。
(AppleTVの画面)
AppleTVでの表示

そこで仕方なく、あまりにも縦横比に差があるものはスキャンした後、余白部分を(白と黒の間を取って)グレーに塗ったりして誤魔化していますが残念ながら現状ではこれ以上の施策が浮かびません。
(平井堅/歌バカ 10th Anniversary Complete Single Collection ‘95-’05)
iPhone(touch)/classic

こんなことを全く気にしない方からするとちょっと神経質と思われるかもですが、
青春時代を正方形のアナログレコード(いわゆるLP盤ですね)とともに過ごした私にはこれが結構気になってしまいます。
今後classicとnanoのソフトウェアがアップデートされ背景色を選択できるようになったりすれば良いのですが・・・。

(問題提起だけになってしまいましたが、)こんな悩みは複数のiPod等を所有しているAppleファンならではですよね。(何か良い解決法をご存知の方がいらっしゃっいましたらぜひお知らせくださいませ)
 

ところで、(凡例のCDが)中高年のくせに何でMEGやPerfumeなんだ?とつっこまれるかもですが、仕事疲れの脳に中田ヤスタカ氏のSoundが心地よく最近少々ハマり気味です・・・(^ ^;)
 

Apple Store(Japan)
Apple Store(Japan)

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top