iPad 3G(US)+ b-mobile SIMで3G接続を検証(*6/1再追記)

b-mobile SIM(U300)

 

先日のエントリーでは裏技とともにiPad 3G(US)で国内キャリアSIMによる3G接続を確認しましたが、その際にぜひ試してみたいと思ったことがありました。
それは日本通信の「b-mobile SIM(U300)」を使った3G接続です。

b-mobile SIM(U300)

「b-mobile SIM」はスマートフォンや対応PC向けに、NTTドコモのFOMA(R)ネットワークを使用した通信のみを提供するサービスです。

(リンク)
・b-mobile SIM U300 | SIMフリー時代のsimpleなデータ通信、誕生
 

日本通信は(ソフトバンクによる発表以前)iPad向けのmicroSIM発売を仄めかしていたこともあり、きっと動作するものと私は期待を寄せていました。
さっそく試してみようと方法を模索していたところ、twitter経由で、iPad 3G USモデルを所有されている@toru_furukawaさんが既に試されていることを知り、ご意見などを伺いながら私もチャレンジしてみました。
 

b-mobile SIM(U300)
b-mobile SIM(U300)のSIMカード

 
 

SIMカードを加工

前回はSIMカードを少しだけカットして、トレーを介さず直接スロットに挿す裏技を紹介しましたが、今回は完全にmicroSIMのサイズまで加工します。

*この加工には諸々のリスクを伴います。(SIMを1枚ダメにしてしまう覚悟が必要)
 試される方は熟慮の上、個人の責任下にてお願いいたします。
 また、本エントリーがSIMの加工を推奨するものではありません。

 

まずご覧頂きたいのは従来のSIMカード(IC部分)の違いです。
通常のドコモ(FOMA)SIMとb-mobile SIMではIC部分の位置と形状が異なります。

bmobile03.jpg
FOMA(左)/b-mobile(中)/(at&tのmicroSIM)

 

加工にあたっての注意点として、まず端末内の端子と接触するIC部分を傷つけないことは当然ですが、より重要なことはIC部分を切らないことではなくiPadに挿した時どの部分が接触するか、ということが一番のポイントになります。
つまり、iPad 3G(US)に付いているmicroSIMの端子接触部分を目安として慎重にカットするラインを決める必要があります。
 

b-mobile SIMの場合は(写真のように)IC部分が全て収まる形でカットします。

bmobile05.jpg
加工後のb-mobile SIM(右端)

bmobile07.jpg
端子と接触する部分を合わせるのがポイント。


 

加工の手順は(私の場合)定規などで予めカッティングラインを引いておき、カッターで力を加減しながら少しずつ慎重にカットしてゆく方法が確実です。
力を入れ過ぎると勢い余ってIC部分を傷つけてしまう恐れがありますし、ハサミで切る場合はトレーの正確なサイズに切れない場合があります。
少し大きめにカットして、その後端子接触部分やトレーへの収まり具合などを確認しながら微調整していくのが良いでしょう。

bmobile08.jpg
bmobile09.jpg
最終的にトレーへの収まり(上)と端子接触部分を確認(下)

 
以上にて完成です。
 
 

参考までに、ドコモ(FOMA)カードの場合はIC部分そのものをカットしてしまう必要があります。

bmobile06.jpg
ドコモ(FOMA)カードの場合はこのようにIC部分を合わせます。

 

<追記1 *6/1再追記>
@toru_furukawaさんがFOMAカードの場合の加工手順(画像)を公開してくださいました。

tool.jpg
加工に使用した道具一式

FOMAカード
(手順1~2)

foma2b.jpg
(手順3~完成)

foma3b.jpg
(*画像は@toru_furukawaさんご提供)

なお、@toru_furukawaさんの場合はよく切れるハサミで一気にカット、2回連続で成功されたとのことでした。

さらに、ソフトバンク、ドコモそれぞれのSIMによるデータ通信性能の実験結果を下記リンク先にまとめていただきました。大変貴重な情報ですのでぜひご覧ください。(@toru_furukawaさんに感謝です)

ソフトバンクードコモ3Gデータ通信性能比較
(*再追記ここまで)

 
 

3G接続の確認

bmobile10.jpg

 

さっそくiPadに挿してみたところ、無事NTT DOCOMOの電波を認識。
続いて、b-mobile SIMの設定方法を基に[モバイルデータ通信]でAPN情報を設定。

bmobile11.jpg
NTT DOCOMOのキャリア表示を確認。

bmobile12.jpg
[モバイルデータ通信]でAPN情報を設定。


 

しかし、電波強度は表示されず、暫くすると「圏外」になってしまいました。しかも 「圏外」にも拘わらず「3G」は表示されたままです。

<追記2>
@ NYJJ @さんの情報によると、APN設定をする前はキャリアとアンテナが表示され、APN設定後に圏外表示になったようです。

*また、ドコモ(FOMA)カード、ソフトバンク(iPhone用)カードではこの現象は発生せず、正常にキャリア名、電波強度が表示されます。
(追記2ここまで)

bmobile13.jpg

 

後刻解ったことですが、この状態で正常に3Gの電波を掴んでいました。
詳しい理由は解りませんが、b-mobile SIMの仕様上このように表示されるようです。
また、本当に圏外になった場合は「3G」マークが表示されなくなります。
 

私の場合、実質的な影響は無いものの「圏外」の表示そのものがあまりにも残念な印象を受けましたので、[言語設定]を英語に変更して使用しています。(あくまでも気分的なものですが…)

bmobile14.jpg

 
 

使用感などのまとめ(アットランダム)

取り急ぎの使用感をはじめ、私自身が確認したことや(未確定要素を含む)twitter経由で得た情報などをアットランダムにまとめておきます。
 

電波強度などが正常に表示されない
これは前述の通りですが、慣れれば特に不便は感じません。
 

マップの位置情報を取得できない
取得できたという情報もありますが私の場合は取得不可能でした。
また、通常のドコモ(FOMA)、ソフトバンク(iPhone専用)のSIMでは問題なく取得可能でした。
 

Safariでの体感速度
発売元の日本通信による通信速度の公称値は上り下りともに300Kbps超(ベストエフォート)となっていますが
Safariでの表示体感速度は(私感ながら)データ量の多いサイトでは少々待たされる感があるものの、概ね特にストレスを感じないレベルでした。
またYouTubeなどネット接続が必要なアプリでは、かなり待たされる場合もありました。
 

YouTube動画の画質が粗い
予てからの噂通り、YouTube等ネット経由のストリーミング動画はWi-Fiでの接続時と比べ、明らかに画質が粗くなるようです。
 

スピードテスト比較
b-mobile SIM、ドコモ(FOMA)SIMそれぞれの速度をiPad用アプリ「SpeedtestX HD」(無料)で測定してみました。
 

b-mobile SIM:408.92Kbps(平均値)
speedtest - b-mobileSIM

ドコモ(FOMA)SIM:2,264.03Kbps(平均値)
speedtest - FOMA SIM


 

測定結果はあくまでも参考値で接続状況・地域等により異なると思いますが、b-mobile SIMは公称値300Kbpsを超える速度を記録、一方ドコモ(FOMA)の場合はb-mobileの5倍以上の速度を記録しました。
また、後刻試した結果、ソフトバンク(iPhone用)のSIMの場合もドコモとほぼ同等の速度でした。
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

現在「日本通信 bモバイルSIM U300 1年(365日)使い放題パッケージ」の販売価格は29,800円(税込)。月々に換算すると実質2,500円以下で3Gが利用できることになり、ソフトバンクの定額プランと比較すると、2年縛りなどの制約もないため、コストパフォーマンスは高いと思います。

その反面、通信速度の上限が300Kppsであることや(未確認ながら)位置情報が取得できないなどネガティブな要素もあることから、あとは活用頻度やシチュエーションなどユーザーそれぞれの判断次第かと思います。
今後、海外で購入したiPad 3Gでソフトバンクとの契約ができない場合は選択肢の1つとして検討してみるのも良いのではないでしょうか。

現状、私自身はiPad 3G(US)とのコンビネーションで快適に使用中ですが、引き続き新たな情報が入った場合は改めてご紹介したいと思います。
 

本エントリーに関するご意見・ご質問等は dark_k@twitter まで
お知らせください。可能な限りお応えいたします。
 
 

最後に(余談ですが)、5/22(土)に行われたAUGM大阪の会場に於て、フォーカルポイントコンピュータの恩田フランシス英樹社長が「SIMロック」についてコメントされていました。

ソフトバンクから販売されるiPad 3Gモデルは一般的に「SIMロック」が掛けられていると表現されていますが、海外では他社のSIMを使用可能とされていることから、正しくは日本国内の他キャリアSIMを排除する「SIMバリア」と呼ぶべきではないか、という談話がとても印象に残ったので覚え書きとしてここに付記しておきたいと思います。
 
 

<iPad関連記事>
・4月6日、iPad arrived!@Osaka(今度は本物)
・iPad:使用3日目のインプレッション
・iPad:使用10日目のプチ情報まとめ
・話題のiPadケース「TUNESHELL for iPad」先行レビュー(…etc.)
・iPad for a business trip.(出張にiPadを…)
・iPad in iBook(Clamshell)
・『iPad with Wi-Fi + 3G(US)』が到着しました
・iPad with Wi-Fi + 3G(US)で国際ローミング
・裏技発見!iPad 3G(US)で国内SIMを使う方法
・人気沸騰中のiPadケース「TUNEFOLIO for iPad」先行レビュー
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 


 
 
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top