iPodに最適なモバイルスピーカーを検証

(小さなスピーカーいろいろ)

 
iPhoneを手に入れた時、実は内蔵スピーカーがとても重宝しました。
携帯電話という性質上、Ringtoneやハンズフリー通話などの必要性から搭載されたものだと思いますが、知人にちょこっと曲を聴かせたり、YouTubeやビデオクリップをチェックしたり、わざわざヘッドホンやイヤホンをかけること無く、そこそこの音量で聴けるところに利便性を感じたのです。

その後iPod touchが出た時、スピーカーを内蔵していないことに少々落胆。せめて一緒に持ち歩ける小さなスピーカーが欲しくて、良さそうなものを見つけては買い、いくつも貯まってしまったので、改めてそれぞれの性能を検証してみることにしました。

(小さなスピーカーいろいろ)
これまでに購入した小さなスピーカーたちです。
購入金額をトータルすると軽くiPod nanoが買えてしまいます(>< )
 
さて、評価の条件として(私の勝手な都合による条件ですが・・・)
まずは、携帯性・・・(iPod touch本体より)小さくて軽いもの。
普段私のカバンに入っているモバイルセット?(100均で買った巾着)に入ること。
(私のモバイルセット)
出張時はもちろん、いつもカバンに入ってるモバイルセットです。

続いて、音量と音質。
iPhoneの内蔵スピーカーを基準として、実用的な音量を確保できるか?高音・中音・低音の各帯域のバランスはどうか?・・・など。

その他、デザインについては好みが分かれるところですのであまり重要視せず、どちらかと言うと使い勝手の面にポイントをおきました。

また検証にあたっては、以前から聴き慣れていて原曲の音質がわかっている洋楽ナンバー1曲と、最近のJ-POPナンバーの計2曲をそれぞれ「iPhone」と「iPod touch + スピーカー」で聴いて比較しました。

※なお音質等の検証結果は、あくまでも個人的主観による聴感上の評価であり、決してオーディオ分野の専門的見地から分析した訳ではありませんのでその点はご了承ください。

1. CUBE MICRO SPEAKER >製品情報
(CUBE MICRO SPEAKER)
電源:内蔵バッテリー(USB Portから充電)
購入価格:不明(※多分1,000円以下だったと思います)
(評 価)
本体からクルッとプラグを出して挿すタイプ。本体はコンパクトでいいのですが音量はかなり小さめ。高音域のみが目立ち「シャリシャリ」と鳴っている感じで音質はイマイチ。
 
2. i・dear Wood Speaker >製品情報
( i・dear Wood Speaker)
電源:内蔵バッテリー(USB Portから充電)
購入価格:5,250円
(評 価)
本体にはストラップが付いていてケータイ等にぶら下げておけますが、接続は短めの(付属)ケーブル。これが少々面倒でうっかりケーブルを失ってしまいそうです。
ボディーが木製のせいか音の伝導性は良く、1.の製品と比べると音量・音質ともに多少マシなレベルですが、「チリチリ」と高音域が気になります。(この価格はちょっと高すぎでは?)
 
3. DIME付録・モバイルスピーカー
( DIME付録・モバイルスピーカー)
電源:不要(パッシブタイプ)
購入価格:雑誌付録(500円)

(評 価)
ご存知DIME(2008.3.18号)付録のモバイルスピーカー。
電源不要のパッシブタイプなのでやはり音量の低さが一番の問題。iPod本体の音量を最大にしないと使い物になりません。しかし(ソースにもよると思いますが)音量を最大に上げてもほとんど音割れせず、音質は比較的ナチュラルでバランスは良好。
 
4. Super-Mini Portable Speaker >製品情報
(Super-Mini Portable Speaker)
電源:単4電池×1
購入価格:2,980円

(評 価)
iPod nano(1st)用とiPod(5G)用の2種類(それぞれ白・黒2色)販売されていますが、もちろん他のiPodでも使用可能。(nano用と5G用ではそれぞれプラグの位置が左右逆で、ロゴの位置が上下逆になっています)
乾電池駆動なのでそこそこの音量は出ますが、音質は(悪くないのですが)iPhoneと比べると中音域が弱く、その分高音域が少々目出ちます。またステレオ仕様ですがあまりステレオ感はありません。
 
5. iBlock >製品情報
(iBlock Speaker)
電源:不要(Dockコネクタ経由でiPod本体から供給)
購入価格:1,980円

(評 価)
LEGOのようなブロック型スピーカー。色は写真のRedのほか、White、Black、Blueなど全6色あり。
ブロックのポッチの2つが音量調整ボタンになっていて、iPod本体では音量調整不可。また音量調整が数段階しか効かないのが少々難点ですが音量を最大にすれば必要十分。音質は4.の製品に近いですが、微妙にこちらのほうがバランスは良いと感じました。
 
6. サイクロイドスピーカー >製品情報
(サイクロイドスピーカー)
電源:内蔵バッテリー(USB Portから充電)
購入価格:4,480円

(評 価)
クリアケースと一体型のタイプなので他と少々性格が違いますが、スピーカー部分を(SHARPのAQUOSケータイのように)クルッと回転させたり、動画を観る時など横使いの場合はスピーカー部分がスタンドになったり、ギミックが楽しい製品です。(但しiPod touchの薄さが損なわれるところは多少マイナスポイント)
音量は他と比べダントツ1位でステレオ感も十分。iPhoneと比べ多少ギラついた派手な音質ですが決して悪くはなく、こちらの音質のほうが好みという人も多いと思います。
同シリーズのiPod classic用、iPod nano用も販売されています。
(サイクロイドスピーカー2)
こちらはiPod classic用(ブラック) >製品情報
 
(総合評価)
検証の結果、私のおすすめ第1位は僅差で、5. iBlock 
コンパクトで充電も不要。音質面は特筆すべきものは無いですが最もバランスが良いと感じました。コストパフォーマンスも高いと思います。

そして次点は、6. サイクロイドスピーカー 
音量・音質ともに1ランク上ですが、他のケースと併用できないこと、iPod touchの見た目と薄さが多少損なわれることで惜しくも次点となりました。

評価に関しては諸々ご意見はあるかとは思いますが、参考になったでしょうか?
それぞれのスピーカーを聴き比べて、iPhoneのスピーカーは高音域を押さえ気味に、Vocalパート等中音域が前に出てくる音作りがなされ、落ち着いた自然な音質にイコライジングされていることが改めて解りました。Appleのことですから、きっと内蔵スピーカーで音楽を聴くこともある程度考慮した上で設計されているのだと思います。
 
最後にもうひとつ、ちょっと気になるスピーカーを見つけたので紹介します。
(XMM238 Speaker cubes)
IXOS/XMM238 Speaker cubes >製品情報

英国のオーディオメーカーの製品なのですが、デザインがあのPowerMacG4 cubeに似ていて、見れば見るほど明らかにcubeをイメージしてデザインしたのではないかと感じてしまいます。
大きさは7cm角なので持ち歩く云々は別として、ちょっと欲しい一品です。
日本国内では入手できないようなのですが、もし情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひお知らせくださいませ。

我ながら「まだスピーカーを買うんかい?」という感じですが、そこはiPodを愛する方ならきっとご理解いだだけるでしょ?
 
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top