初代iPhoneを2.0にアップデート(新旧iPhoneを比較)

080727e2

080727a.jpg

Pwnage2.0(現在は2.0.1)の登場で、iPhone(touch)でソフトウェア2.0がJailbreak可能となったことから、1st iPhoneを2.0にアップデートしました。
iPhone 3Gとアプリインストールでの不具合に悩まされた経緯を踏まえ、初代iPhoneをアプリの検証用として活用することが主な目的ですが、ついでにいくつかの気になる部分を新旧それぞれのiPhoneで比較してみました。

Pwnageによるjailbreakの手順等については、既にMacお宝鑑定団blogさんやiPod Loveさんが紹介されていますので詳しくは割愛しますが、まずはざっとおさらいです。

以下はMacBookで私が実践した手順です。(あくまでも自己責任にてお願いします)

Pwnage2.0.1を入手
・初代iPhone用のファーム「iPhone1,1_2.0_5A347_Restore.ipsw」
 iTunesの「アップデートを確認」からダウンロード(ダウンロードのみ)
・bootloader「bl39.bin pwnagetool」と「bl46.bin pwnagetool」を入手

080727b.jpg
Pwnageを起動〜機種を選択

080727c.jpg
初代iPhone用のファームを選択

080727d.jpg
エキスパートモードでは各種設定が可能

080727e.jpg
カスタムファームをデスクトップにBuild

080727e2.jpg
DFUモードで起動
(Macに接続した状態でiPhoneのスリープボタン長押しで電源を切る〜スリープボタンとホームボタンを10秒押し続けた後、ホームボタンだけをを押し続ける)

080727f1.jpg
iTunes(option+復元)でカスタムファームを選択して復元

080727g1.jpg
以上でjailbreakとアップデート完了
(名前は3Gと区別するためiPhone Classicとしました)

なお私はバッテリー節約のためSIMカードは抜いていますが、SIMカード無しでもJailbreak可能でした。

080727h.jpg
Installerには未対応、その代わりCydiaが追加されますがアプリは少ないです。

 

<新旧iPhoneの比較>
初代iPhoneが2.0にアップデートされたところで、さっそく個人的に気になった部分を比較してみました。
まずは液晶画面の比較です。
(スクリーンショットでは違いが反映されませんので、デジカメによる比較ですが)

080727i.jpg
初代(左)/3G(右)

Brightnessの設定を同じにして比較したところ、画面は明らかに3Gのほうが明るく、(3Gのファームをbuild 5A347にアップデートしたにもかかわらず)初代と比べて3Gの画面はかなり黄色く感じました。

次に、Safariでの読み込み速度をいくつかのサイトで比較したところ、概ね同等の速度ですがサイトによっては僅かに(1〜2秒程度)3Gのほうが速いことが解りました。
(双方ともWifi環境、言語環境は英語モードで比較)

続いて、内蔵スピーカーとイヤホンでの音質を比較したところ、微妙ではありますが内蔵スピーカー、イヤホンともに3Gのほうが多少ダイナミックレンジが広く感じられ、特に内蔵スピーカーでは、初代iPhoneに比べ高音域のシャリシャリ感が緩和されSN比も向上していました。

基本的な部分のみの比較でしたが、明らかに3Gには改善点が見られました。
気になったのは、3G液晶画面が黄色っぽいことですが、これも好みの問題ですし、単独で見るとあまり気にはならないかと思います。
初代iPhoneをお持ちの方は少ないと思いますので、少々マニアックな検証ではありましたが、次の機会には新旧iPhoneとiPod touchの2.0環境でもう少し突っ込んだ検証をしてみたいと思います。

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top