中高年にやさしいiPhone

(ケータイとキーボード比較)

 
視力がよい人ほど早く老眼になるらしいです。まあこれは俗説で科学的根拠は無いと思いますが・・・。私も裸眼の視力は両眼とも1.5なのですが、恥ずかしながら最近ちょっと老眼気味で細かい文字を読むのが少々辛くなってきました。

iPhoneの発売が発表されてから、ここ最近(私自身のエントリーも含め)皆さんのブログでも、独自の進化を遂げたケータイ大国日本でiPhoneが受け入れられるのか?あるいは売れるのか?といった記事を頻繁に目にします。私自身もその辺はとても興味があるところですが、おおよその意見は・・・

・メールやWEB閲覧にあたり、
 テンキーの片手入力に慣れた世代にあのキーボードが受け入れられるのか?

・おサイフケータイやワンセグなどの機能なくして日々の生活は大丈夫なのか?

・何かに付けて内蔵カメラをデジカメ代わりに使う人たちにとって
 フラッシュも(メモリーカードも)ないカメラで満足できるのか?

・・・云々、iPhoneの独自性をピックアップした問題提起が多いようです。中にはとても当を得ていると感じる意見もあり少々不安になったりもしますが・・・。

そこでちょっと視点を変えて、私自身を事例に中高年世代からiPhoneを考察してみると

まずメールについては、
ケータイにメールが来た時は当然ケータイから返信するわけですが、会社のデスクなどに居る場合、私はテンキーで長文などを入力するのがとても煩わしいので(またテンキーの文字が見えづらいので)、まずMacBookで返信を書きケータイに転送、それをコピー&ペーストして返信する・・・という始末。
これがiPhoneの場合、例のキーボードのアルファベットはとても見やすく、いつものケータイと比較するとひと際安心感があります。
(ケータイとキーボード比較)
ケータイとキーボードを比較。

続いてWEB閲覧ですが、
最近のケータイにはフルブラウザが搭載されるようになり、(料金面等はともかく)ある程度はパソコン感覚で閲覧できるようになったものの、見やすい文字にするためにハードウェアキーで段階を踏んで画面を拡大したりすることを考えると、iPhoneのマルチタッチは飛躍的に便利と感じます。
(フルブラウザと画面を比較)
フルブラウザと画面を比較。

次におサイフケータイなどの機能面では、私自身はおサイフケータイの必要性を感じたことはありませんし、ワンセグは物珍しさで買った当初だけ。着メロは内蔵のものを使用し赤外線に至ってはあえて自分からやり取りすることはありません。またカメラについては居酒屋やキャバクラなどでお姉ちゃんとカシャッ、みたいなことはあるかと思いますが、多くの中高年は結構いいデジカメを持っていたりするものです(笑)

そしてケータイで音楽を聴くことについて、
私が学生の頃はアナログレコードやFMラジオからカセットテープに録音してプレーヤーと持ち歩くのが普通でした。それと比較すると(着メロフルなども便利だとは思いますが)世界で一番売れているiPodと同じ使い勝手が可能なのですから、高齢化社会において”懐かしい青春時代”のコンピCDなんかが売れていることを踏まえると、一度ハマればiPodを持たない中高年でも欲しいのではないでしょうか?
 
iPhoneの主たる購買層は20~30代だと思いますが、先進性のみを強調せずに、らくらくホンや簡単ケータイなどとはまた違ったスキームでiPhoneの利便性をアピールすれば、案外シニア世代にも受け入れられるのではないかと思った次第です。
 
・・・とは言いつつも私の場合、”Apple信者としての驕り”が多々あったりするのですけどね。(^ ^;)
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top