iPhone 3GSと旧機種の速度比較

090629a.jpg

 
巷ではiPhone 3GSは速い!と評判ですが体感的にどのくらい速くなったのか? iPhone 3Gをはじめ私が所有している各機種と比較してみました。

あくまでも素人目線かつ簡単な検証ですが参考までにご覧ください…f(^ ^;;)。

比較対象機種は、
初代iPhone、iPhone 3G、iPod touch 2Gの3台。
それぞれOSは3.0にアップデート。またアプリ環境も概ね同じ状態にて、本体の起動時間とSafariでの表示速度を測定しました。

090629a.jpg
090629b.jpg

 

1.本体の起動時間
スリープではなく電源OFF状態から電源投入~ロック画面表示までの時間を測定。
(上記手順を3回繰り返してその平均値を算出。)

 初代 iPhone ・・・・・39秒
 iPhone 3G・・・・・・51秒
 iPod touch 2G・・・・31秒
 iPhone 3GS ・・・・・20秒

結果、やはり3GSがダントツで速いようですね。
iPod touch 2Gは旧機種よりもプロセッサのクロックが若干高いこともあって少し速い印象でした。また、iPhone 3Gが一番遅い結果になりましたが、初代iPhoneに比べ多機能な分負担が掛かっているのかもしれません。
 

2.Safariの表示速度
初代iPhoneとiPod touchは電話回線に接続できないため、iPhone 3Gと3GSのSIMカードを抜いた状態でWi-Fi環境(802.11b/g)にて測定。
また、それぞれの履歴、Cookie、キャッシュをクリアし、ホーム画面のWEBアイコン(アップルのサイト)をタップ~表示完了までの時間を測定しました。
(上記手順を3回繰り返してその平均値を算出。)

 iPhone初代・・・・・10秒
 iPhone 3G ・・・・・11秒
 iPod touch 2G・・・・9秒
 iPhone 3GS ・・・・・6秒

表示までの所要時間については、各ユーザーのWi-Fi環境等によって差があるかと思いますので参考値ですが、順位については本体の起動と同様の結果になりました。
体感的には3GSが飛び抜けて速く、他機種は殆ど速度の差を感じませんでした。

090629c.jpg
測定結果のグラフ(単位は、秒)

 

オマケとして・・・
スマートフォンの最新機種であるdocomo T-01A、そして、定番のWillcom 03で同様にWEB(アップルのサイト)の表示速度を計ってみたところ、
T-01Aは10秒、Willcom 03は20秒強という結果でした。
T-01AはiPhone 3GSとほぼ同時期に発売された最新機種ということで、比較的健闘していると思います。

090629d.jpg
docomo T-01A(左)とWillcom 03(右)

 
 

まだまだ深いところまでは検証できていませんが、iPhone 3GSのパフォーマンスは相当高いことが解りました。
3GSをお持ちの方はぜひご自身の結果などをお知らせいただければ幸いです。

さて、iPhone 3GSの液晶は(またもや?)黄色っぽいとの噂があるようです。
次回は各機種の液晶画面を比較してみたいと思います。
 
 

関連記事

Dark局長
- 管理人・Dark局長 -

twitter / dark_k


Apple NOIR・フォトログ版
AppleNOIRplus
Apple NOIR plus



アップル好きのイベント
iCUG
iCUG blog



カテゴリ














エクスパンシス



・・・・・・・・
return top